ますだのブログ。

情熱ZINE 編集長 ますだのブログです。

あるご夫婦との出会い

こんにちは、増田です。

今日は成人の日ですね。

女性の振り袖姿って、やっぱりキレイですね。
新成人を見かけて、今日改めて思いました。

日本に生まれて良かったと思うのは、こういうときです。

 

今回は、ある80歳のご夫婦から学んだことを

シェアしたいと思います。

 

 

僕は、あるショッピングモール内にある

スピーカーやヘッドホンを販売するオーディオ店でアルバイトをしています。

 

そのお店に、仲むつまじい80歳のご夫婦がご来店されました。

 

そのご夫婦は、店内をひととおりみたあとに、
8万円するスピーカーの前にお二人で立ちどまっていました。

 

そこで、僕はそのご夫婦にお声がけをし始めました。

 

そのときは、不思議とスピーカーを売ろうという思いが、みじんもありませんでした。

 

普段、どんな音楽を聞くのか?

いま使ってるスピーカーで困っていることは?

どんな場所に住んでるのか?

音源はCDが多いのか?

 

などをお伺いしました。

 

ただ、売る気はまったくなかったです。

 

ふらっと店にきていただいて、とても感じの良いご夫婦に、
いきなり8万円のスピーカーを売る気になれませんでした。

 

とりあえず、せっかく来ていただいたんだから、ご購入されなくても、

実際の音を体感していただくだけでも充分だと思い、
操作の仕方をイチから説明したうえで、

実際にスピーカーの音を聞いてもらいました。

 

しばらく音を聞いていただいたあとに、
ご主人が「コッチのスピーカーはなに?」と聞いてきました。

 

それは、8万円のとなりに置いてあった16万円のスピーカーでした。

 

そこで、8万円のスピーカーで流していた試聴用のCDを
16万円のスピーカーに入れて、音を聞いてもらうことに。

 

値段が高いだけあって、やはり音質は16万円のほうが、良いんです。
一度聞いただけでも分かります。

 

ご主人:「こっちのスピーカーのほうがいいね。でも高いよなぁ…」

 

ご主人:「再度、検討したいからパンフレットもらえる?」

 

ご主人がそう言われたので、たしかにいきなり16万円はおろか、
8万円もするスピーカーは買わないだろうと僕も思って、

パンフレットをお渡しする準備をしていました。

 

そのとき、ご主人のとなりにいた奥さんがご主人に言いました。

 

奥さま:「クレジットカードもってるんだから、カード払いにすればいいんじゃない?」

 

僕は、これを聞いて内心驚いてました。

 

たまたまふらっと来て、いきなり16万円のスピーカー買っていただいて、
大丈夫なのだろうかと。

 

ご主人:「そうだね。そしたらコッチのスピーカーちょうだい」。

 

そうご主人から僕は、言われて僕は「ありがとうございます」としか
言うことができませんでした。

 

なぜ、いきなり16万円のスピーカーを買って頂けることになったのか?

 

はっきりした理由が分からないまま、
お会計が済んで、このご夫婦を店外までお見送りをすることに。

 

そこで、ご主人からこう言われました。

「ほかのお店に買い物に行っても、80歳を超える高齢者ということで、
店員さんはまともに相手にしてくれなかったんだよね。

操作方法さえ教えてくれないし。

ところが、あなたは親切にいろいろ教えてくれて、操作方法もよく分かった。

あなたがいい人だったからこのスピーカーを買いました。
ありがとうございました。」

 

この言葉をいただいて、僕は今まで忘れていた大切なことに気づかされました。

 

今までは、自分がいかにお金を稼ぐかばかりしか
考えていませんでした。

 

ところが、今回に関しては、高額品を売ったという満足感はまったくなく。
お二人の生活にいい音楽をお届けするお手伝いができたという満足感のほうが上回っていました。

 

今回のご夫婦から頂いたお言葉は、

とても温かくて、不思議な感覚が残っています。

 何をやるかより、どんな思いで取り組むかが大事とよく言われていたのですが、やっとそれが体感として分かった気がしました。

 その日、僕は人生で大切なことをご夫婦からレッスンしていただきました。

 今回の出来事を読んで、あなたも何か大事なものを感じとってくれたらなと思います。

 それでは、また!

 

☆熱い生き方をご紹介☆→インタビューWEBマガジン「情熱ZINE」