ますだのブログ。

情熱ZINE 編集長 ますだのブログです。

ネットの脅威を感じるとき

こんにちは、増田です。


駅前のコンビニエンスストアのサンクスが、いつの間にかファミマに変わってました。


でも、オーナーさんが一緒なので、外が変わっただけで、スタッフさんや接客の中身は一緒でしたw

 

ーーーーーーー

 

最近は、ひたすら働いています。


時計店とオーディオ機器店で、ひたすら接客です。


さて、お客様と接するなかで気になることがあります。


それは、売り場でお客様が、スマホとにらめっこしていること。


「なに調べてるのかなと?」と疑問に思いつつも、お客様にお声かけをしてみることに。

すると、その理由が判明!

 

お客様 「この商品て、ネットのほうが安いんだけど、価格なんとか安くならないかな?」

 

そうです。目の前にある商品をネットで検索して、価格を調べていたんです。

 

このようなお客様がひとりやふたりいるのではなく、それこそたくさんいます。


僕「すみません。価格はお値引きできないんですよね…。」

毎回、こう謝ってから接客しています。


それで、「じゃあ、ネットで買うよ」というお客様が多いです。


ネット検索は、小売店にとって大敵です…。


でも、なかにはその場で即決してくれるお客様もいます。


「どうすれば、目の前のお客様にネットからではなく、その場で購入していただけるのか?」

僕は、毎回の接客で試行錯誤しています。


結論は【体感】


オーディオ機器なら、

実際に音を聴いてもらう
ご自身のお気に入りの曲を流す
他の機器との聴き比べ
聴く場所を変える
などなど。


腕時計なら、

実際に腕にはめてもらう
鏡でシルエットを確認してもらう
手にとって素材の質感を感じてもらう


そして、購入にいたるまでの経過を楽しんでもらうように、ひとつ心がけていることがあります。


それは、笑顔になってもらうこと。

 

信頼関係ができてきたなと思ったら、

ワザと昔の曲を流したり、
ワザと話題の曲を流したり、
などなど。

 

少し笑いを取り入れています。


正直、価格ではネットにかないません。

 

その商品を買ってもらうというよりは、
お店を好きになってもらう。
販売員を信頼してもらう。


そのために、どうすれば良いのか?
頭をフル回転してます。

 

【いかに信頼を積み重ねるか?】

 

ベタですが、この原則がとても効果的だなと思っています。

 

それでは、また!