読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ますだのブログ。

情熱ZINE 編集長 ますだのブログです。

他人の人生を憑依させる

こんにちは、増田です。

 

今日は、3月なのに、寒さMAXですね。
僕は、朝から久しぶりに東京に向かってます。

 

バイトの研修が、
今日と明日の2日間東京の本社であるからです。

 

たまには、普段と違う環境で時間を過ごすのも
いい気分転換になって良いかなと思っています。

 

ーーーーーーーーーーー

 

ここ数ヶ月、ネットやSNSを見る時間が
多かったのですが、最近はそういう時間を
少なくするように意識してます。

 

ネットやSNSを見る代りに、ひたすら歴史小説を読むことにしました。

 

すると、ある変化が。

 

それは、【〇〇なら、この局面をどう考えるのか?】と仮定することが多くなってきました。

 

どういうことなのか?

 

例えば、僕は、いま司馬遼太郎さんの歴史小説を3作品並行して読み進めています。

 

竜馬がゆく」(主人公 坂本竜馬
菜の花の沖」(主人公 高田屋嘉兵衛
「峠」 (主人公 河合継之助)

 

で、主人公たちの人生を読書している時間は追体験しています。

 

そうすると、主人公の失敗と成功、思考を自然と学ぶことができます。

 

自分が何かの問題にぶつかったときに、「あの主人公なら、この局面をどう乗り切るか?」ということを考えて、行動するようになってきました。

 

また、ツライことに直面しても、
「あの主人公が体験したことに比べたら、こんな出来事は、たいして辛くないな」と思えるようになってきました。

 

悩みって、結局自分の物差しだけで解決しようとするから、苦しいわけで。

 

いろいろな角度から物事を見ることができれば、思いもよらない解決策が見つかる可能性があります。

 

そのためには、自分以外の視点を身につける必要があります。

 

その自分以外の視点を身につけるうえで、オススメなのが小説や物語を読むことです。

 

残念ながら、SNSを一生懸命読んでも、新たな視点は獲得するのは難しいです。

なぜなら、表面的な情報ばっかりで、
内容が薄いからです。

99パーセントのネットの情報はゴミだって言い切る方もいます。

 

でも、その通りなんですよね。

 

ぶっちゃけ、このブログを読んでいる時間があるなら、一冊でも多く小説を読むことをオススメしますw

 

どんなに忙しくても、寝る前や通勤中でも、お昼休みでも、5分でも良いから時間を作って小説を読む。

 

また読んだら、ぜひアウトプットもしてみてください。

 

印象に残ったセリフをSNSやブログに書くでも良いと思います。

 

僕もツイッターのアカウントを作って、印象に残ったセリフをつぶやくようにしました。

 

試してみる価値はあると思いますよ。

 

それでは、また!