ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

個人の幸せな働き方② 経費を減らす

こんにちは、ますだです。

 

先月から財布を長財布に変えて、

日々の買い物に使っています。

 

今使っている長財布には、

小銭入れがないので、

買い物したときのお釣りの

保管場所に困っていました。

 

そこで、通勤で使っているPASMO

現金をあらかじめ入金してから

使うようにしてます。

 

こうすれば、お釣りで困ることないので、

便利です。

 

ただし、PASMOが使えないお店では、

どうしても現金払いが必要になってきます…。

 

でも、それ以外は、PASMOで支払いをするようにすれば、財布もかさばることがなく、

便利ですよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、前回は、どこまで出世するのか?という話しを、キッカケにら【給料の決まり方】についてお話しをさせていただきました。

 

軽く復習すると、

お給料とは、

〈その人がどれだけ売り上げを立てたか、頑張ったかで決まる〉のではなく、

〈その人が来月も元気で働いてもらうために、支払いをする経費〉としてあらかじめ決められています。

 

詳しくは前回の記事を参照してみてください!

 

今回は、

「出世を目指さないとすれば、どういう働き方や考え方をすれば、より快適に仕事ができるのか? 」についてお話しをさせていただきます。

 

結論から言ってしまうと、

①ストレスをできるだけ小さくする。あるいは軽減する。

②毎日、仕事で資産を作ることを意識する。

 

 

この2点に集約できます。

今回は、①について、お話しをさせていただきます。

 

話しが、少し脱線しますが、

会社が利益を生む構図は、ひとつの数式で、

表現できます。

 

それが、

 

【売り上げ − 経費 = 利益】

 

いくら売り上げがあっても、

その売り上げを立てるための

経費が多ければ多いほど、

手元に残る利益は少なくなります。

 

これは個人にもいえて、

【お給料 - そのお給料を稼ぐためにかかった労力(プレッシャーやストレス)= 手元に残るお金】

 

どれだけ出世して、お給料が増えたとしても、それにともなって、ストレスが増えれば結局、そのストレスを解消するために、お金を自然と使ってしまうので、手元にお金が残りません。

 

生活が苦しいと、どうしても売り上げを増やすこと、お給料を上げることに目がいってしまいます。

 

もちろん給料アップを狙うのは、悪いことではないです。

 

しかし、たとえ給料がアップしても、それにともなってストレスも増えたら、結局手元にお金が残りません。

 

僕らが、まず考えるべきなのは、

お給料を上げることよりも、

【いかにストレスを軽減するか?】です。

 

そのためにも、ストレスの元になっている

原因を突き止めて、それを、解消します。

 

そのストレスの原因は、

通勤電車

家族関係

職場の人間関係

金銭

などなど。

 

ストレスを感じることが少なくなる。

そのストレスを解消する必要もなくなる。

お金を使わなくなる。

手元に残るお金が増える。

 

会社でたとえると、

売り上げが増えなくても、

その売り上げを生み出す経費が少なくなれば、

手元に残る利益は増えますよね?

 

個人においては、この経費を減らすこと。

【ストレスを管理すること】が肝です。

 

また、仕事選びをする段階では、

【自分がストレスを感じない仕事を選ぶ】

ってことも大事です。

 

正直、どの仕事を選んだとしても、大変なこと、面倒なことはあります。

 

正しく言い換えると、

自分がストレスを感じない仕事

とは、【自分の興味が持てる仕事】です。

 

その仕事に興味さえ持ち続けることができれば、大変なことがあっても、創意工夫したり乗り越えたりすることができます。

 

逆にお給料が良くても、まったく興味が持てない仕事に従事するのって苦痛ですよね…。

 

なので、まずはお給料を上げることよりも、

経費=日々のストレス を少なくする、軽減することを考え、実行していきましょう。

 

遠回りに思えますが、これが幸せに働き方をするための、ひとつ目に大切なことです。

 

具体的にストレスを軽減するヒントは、僕の実体験や学んだことを通して、今後もこのブログで発信していきます。

 

少しでも、参考にしていただければ幸いです。

 

次回は、② 毎日、仕事で資産を作ることを意識する。
 

についてお話しさせていただこうと思います。

 

それでは、また!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン「情熱ZINE」
https://zyounetu.hatenablog.com/%20
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー