ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

宇多田ヒカルさん 「トレビアンボヘミアン スペシャル」を聞いて

こんにちは、ますだです。

 

昨夜、「高嶺の花」というドラマを観ました。

 

主演の石原さとみさん、

やっぱりカワイイですね…。

 

「アンナチュラル」のときとは、まったく違う表情を見せつけられました。

 

役柄でこうも表情が変わるなんて女優さんて、

スゴイって思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

昨夜、宇多田ヒカルさんのラジオ「トレビアンボヘミアン」を聴きました。

 

「トレビアンボヘミアン」は、1998年から約1年の間放送されたラジオ番組で、宇多田さんの生の声が聴けるということで貴重な場でした。

 

デビュー20周年、さらに発売中の最新アルバム「初恋」のプロモーションということもあり、今回は一夜限りの復活でした。

 

今回は、最新アルバム「初恋」の音楽を順番にかけ、リスナーから届いた「ずっとやり続けていること」をテーマにしたメッセージに宇多田さんが答える形式で進めていきました。

 

いろいろ感想はあるんですが、今回は、宇多田さんが話していた「愛」について。

 

リスナーからのメッセージで、

たしか「愛」についての質問だったと思うんですが…。うろ覚えですみません。

 

そのメッセージに対して宇多田さんは、

次のような趣旨で答えています。

 

「愛とは感情ではなく、誰かを愛するという『覚悟』。そして自分が愛するだけではなく、相手に『愛されている』と感じさせる、感じさせようとする事」

 

「無償の愛」って言葉がありますし、それをどこか期待している自分がいたりします。

 

「誰かが無条件で、自分を愛してくれたらいいな」なんて思ったり。

 

なぜなら、人には承認要求があります。

自分の存在を誰かに認めてもらいたい。

 

その承認要求が行き過ぎると、

過度なライフスタイルの自慢だったり、

不幸自慢だったり、

借金だったり。

 

普段では考えられないような異常な行動に

突っ走ってしまいます。

 

宇多田さんが話すように、「無償の愛」は存在しなくとも、自分の存在は、すでに認めらているって思うことが大切ですよね。

 

だって僕たちは、

 

どこに住もうが、

誰と暮らそうが、

どんな仕事に就こうが、

どんなものを食べようが

自分の選択に委ねられています。

 

誰かに制限されているのではなく、

自分の意志で決めることができます。

 

そう考えると、もうすでにあなたは、認められているんです。

 

その前提に立った上で、

誰を、愛するか決めて、それを相手に伝わるように表現する。

 

言葉や態度に表さなくても、相手に伝わるなんて期待しがちですけど、残念ながらそれはないわけで…。

 

そう考えると、「愛する」ってなかなか大変ですが、その想いを伝えようともがくこともまた、楽しみなのかもしれませんね。

 

そんなことを今回、宇多田さんのラジオを聴いて考えました。

 

あなたは、ラジオ聴いて、どんな感想を持ちましたか? 

 

ぜひ、教えてください!

 

それでは、また!

 

ps

パクチーの唄」に宇多田さんのお子さんがちょっとした参加をしていたのが、ほほえましいエピソードでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン「情熱ZINE」
https://zyounetu.hatenablog.com/%20
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー