ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

「クラシック」、「ジャズ」は難しい?

こんにちは、ますだです。

 

いよいよ7月もあと2日で終わりますね。

 

猛烈に暑い日や台風で大荒れだったり、

日によってさまざまな表情をみせる

7月の天気でした。

 

8月は平穏な天気を期待したいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、私事ですが、

「仕事でこれは身につけていたほうが良い」とここ最近、痛感している分野があります。

 

それは、「クラシック」と「ジャズ」です。

お客様との会話のなかで、僕は「クラシック」と「ジャズ」の知識が圧倒的に不足していることに気づきました。

 

さっそく昨日、「クラシック」、「ジャズ」の入門書をそれぞれ購入。

 

とっつきにくくて、これまで敬遠していたジャンルですが、ある程度の知識がないと日々の仕事に支障が出てくるので、むさぼるように読みました。

 

で、「クラシック」、「ジャズ」は難しいっていう「固定概念」があったのですが、とても面白いジャンルであることに気づけました。

 

とくに、「クラシック」、「ジャズ」ともに同じ楽曲でも、使う楽器や演奏する人、指揮者などによって、まったく違う顔を持つことが分かり、驚きでした。

 

さらに楽曲や演奏者の世界観が、それぞれ異なっているのも、とても魅力的です。

 

僕は、「世界観」がある人やモノに魅力を感じています。

 

情熱ZINEで、これまでインタビューさせていただい方達も、それぞれにちゃんと「世界観」があり、「世界観」がないもしくは「世界観」を感じれない人にはインタビューをしないようにしています。インタビューのオファーもしません。

 

「クラシック」と「ジャズ」は、世界観のかたまりでした。

 

とくに、昨日知ったジャズピアニストのビル・エヴァンスの楽曲は、素人の僕でもひきつけられました。

 

熱帯夜ってことで、寝苦しかったことも原因ではあるんですが、ビル・エヴァンスの楽曲を聴いていたら、深夜2時くらいまで寝ることができませんでした…。

 

「クラシック」、「ジャズ」は難しい

 

という固定概念が、取り払われつつあります。

 

こんな世界を知らなかったなんて、今まですごくもったいないことをしていたと反省してます。

 

「固定概念」が、僕だけではなく、あなたの世界を狭めている原因になっています。

 

日々新しい世界を知って、

「固定概念」壊していきましょう!

 

それでは、また!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン
情熱ZINE
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー