ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

ADHDが生きづらい世をどう生きる

こんにちは、ますだです。

 

もうすっかり秋ですね。

気候が涼しくなってきました。

 

気づいたら、アッというまに冬になっているのでしょうね。

 

1日1日を大切に生きたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、私事ですが、ここ数日ブログを書くことができませんでした。

 

理由は、自分が発達障害のひとつである

ADHD「注意欠如・多動症(注意欠陥/ 多動性障害、注意欠如・多動性障害)」の疑いを持ったからです。

 

なぜ? 疑いを持ったかというと、

 

仕事、とくに同僚や上司から頼まれた仕事で、ケアレスミスを連発。

 

さらに、ひとつの業務に没頭すると、他の仕事を忘れてしまう。

 

さらに、お客様や同僚の意図を汲み取ることができない。

 

複数のタスクを同時に処理することができない。

 

仕事の優先順位をつけることができない。

 

などなど。

 

ここ数日、そうしたことが重なり、自分でも「何かおかしい」と思ったからでした。

 

ネットでいろいろ調べて、行きついたのが、ADHDでした。

 

ADHDかどうかのセルフチェックをおこなえるサイトがあるのですが、そこでセルフチェックを行うと、ADHDの疑いありの診断が。

 

ADHDには、いくつかの特徴があるのですが、僕の場合は、注意欠陥がとくに、当てはまります。

 

サボっているわけではなく、自分でも何度も見返しているのに、ミスをしてしまう。

怒られて、自己嫌悪

しっかりやらなくては、とプレッシャーがかかり、またミスする。

 

とくに、自分が決めた仕事ではなく、誰かきら頼まれた仕事でそうなってしまうんです。

 

徐々にまわりからの信頼もなくし、余計に苦しむ。

 

地元の図書館でADHD関連の書籍を借りて読んでみましたが、完治するような病気ではないそうで、うまく付き合っていくしかないようです。

 

まだ、医師の診断を受けたわけではないので、「自分は、ADHDだ!」と言い切ることができないです。

 

でも、子どもの頃から今までを振り返ってみると、ADHDの症状がずーっとあるんです…。

 

さらに調べていくと、ADHDの人が、学校や会社などの組織のなかで、生きることが、どれだけ困難なことなのか?が分かってきました。

 

「どうすれば、いいんだ!」と叫びたい衝動を抑えて考えてみました。

 

その途中に、こんな本を見つけたんです。

多動力 (NewsPicks Book)



著者は、あの堀江貴文(@takapon_jp)さん。

この本のなかには、ADHDの人が生き延びる術のヒントがちりばめられていました。

 

いま、現時点で僕が出した結論は、

「会社だけにならないこと」。

 

会社だけで、人間関係を終わらせず、会社以外のコミュニティに参加する。もしくはそのコミュニティを運営する。

 

ADHDの人が、会社勤めが厳しいからといって、いきなり会社を辞めてしまうと正直食べていけなくなる。

 

ならば、会社勤めと並行して、副業(複業)で稼いでみる。ある程度の収入を確保できるようになれば、

「これ、以上ミスをしたら会社にいれなくなる。

そしたら会社を辞めなくてはいけなくなる。

生活に困る不安がある。

それは、避けたいので、必要以上に頑張る。

疲弊して、気持ちが沈む」

 

ってサイクルに陥る危険性を避けることができるのではないか?

 

会社勤めで、ストレスがゼロになることは、残念ながらありません。

 

同僚、上司、お客様、さまざまな人間と絡むことになり、それぞれ価値観も考え方も違うので、何らかのストレスは発生する。

 

そのストレスを、違うコミュニティもしくは副業で発散する。

 

とくに副業は、自分でルールが決められ、収入もえることができます。

 

副業だから、稼ごうとしなくてもいいし、例え失敗しても、そこまでダメージがありません。

楽しんで取り組むことができるものを選べば良いんです。

 

そんなことを考えるように、なれて少しだけ気持ちがラクになりました。

 

僕のように悩んでいる人に、今回の仮説が少しでも参考になれば幸いです。

 

それでは、また!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン
情熱ZINE
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー