ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

自分の好きなものの共通点を探る

こんにちは、ますだです。

 

昨日、インテリアコーディネーター1次試験を受けてきました。

 

分からない問題が、多く、帰宅後に自己採点したら400点満点中196点でした。

 

惨敗です。

 

試験本番まで、2ヶ月の準備期間を使ってのこの結果。

 

来年の資格獲得に向けて、新たな歩みを進めていきたいと思います。

 

とりあえず、今月中は、インテリアコーディネーターのお勉強はいったんお休みします…。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

なんで、インテリアコーディネーターの資格に僕がこだわっているかというと、会社勤めはできれば30代のうちに終わらせたいんですね。

 

そうなると、自分のスキルだけで稼いでいかないといけません。

 

で、「お金を稼ぐ」= 「価値を提供する」と定義できると思うんです。

 

となると、やらなくてはいけないのは、「価値を提供できる」人間になることですよね?

 

ただ、インテリアコーディネーターになれたとしても、僕より能力が高いインテリアコーディネーターさんはたくさんいるし、正直競争になったら勝てません。

 

そこで、「競争しない状況をつくる」ってことを考えたときに、スキルをかけ算すれば、競争は起こらないと思ったんです。

 

僕の場合だと、

「プログラミング」×「インテリアコーディネーター」×「JAZZ」×「クラシック」×「プロレス」×「インタビュアー」= ますだ。

 

って存在になれば、競争は起こらないと思いました。

 

で、どのジャンルも共通しているのが、「世界観」です。

 

インタビューは、相手の世界観を聞き出す仕事だし、プログラミングは、世界観を構築する仕事、インテリアコーディネーターは、住む人の世界観を構築する仕事。

 

プロレスは、世界観こそが、大事。

JAZZやクラシックには、作品そのものに世界観があります。

 

僕の場合で、恐縮ですが、

「世界観」をつくる、表現する、伝える

ってことが好きなんだろうなと思っています。

 

自分が好きなもの、興味があるものの共通点を探っていくなかで、見つけたひとつの仮定なんですが…。

 

あなたも、自分の好きなこと、興味のあることの共通点を探ってみると、自分の求めているものが見つかるかもしれません。

 

その見つけたものから、自分の働き方や生き方を考えてみるっていう手法は、オススメですよ。

 

それでは、また!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン
https://zyounetu.hatenablog.com/
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー