ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

つまらない仕事をおもしろくする方法

こんにちは、ますだです。

 

昨日、大好きなスポーツ雑誌のプロレス特集号を会社帰りに書店で、購入しようとしたら、

まさかのクレジットカードの暗証番号エラー。

 

結局、雑誌は買えず…。

暗証番号は、間違ってないので何が原因か分からずじまいでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、あなたは仕事楽しいですか?

 

仕事って、趣味や遊びと違って、100%楽しいって思えないですよね?

 

むしろ苦しいって思うことのほうが、多かったりしますよね?

 

とくに会社勤めの場合は、仕事が苦しいって思う瞬間は多いかもしれません。

 

なぜなら、会社勤めでの仕事って、上司や会社から降りてきた仕事をこなすことがほとんどだったりします。

 

本人の「やりたい、やりたくない」って感情とは無関係に、「あなたは、この仕事をこなしてください」ってことで、仕事があなた目がけて落ちてきます。

 

で、この「やりたくない」仕事っていうのが厄介で、本人は「やりたくない」ので、気持ちも乗らないし、モヤモヤした状態で業務を進めていきます。

 

そんな状態が続いていけば、ストレスもたまるし、イライラも積み重なっていきますよね?

 

どうするべきなんでしょうか?

 

やりたい仕事だけができたら、ベストですけど、そんなこと言っていたら、会社が成り立たないし、あなたの立場も成り立ちませんよね?

 

自分のやりたい仕事しかしないって人は、会社側にとっては迷惑な存在だったりします。

 

では、なぜあなたは、その「降りてきた仕事」に対して、イライラするんでしょうか?

 

それは、自分に裁量権がないからです。

 

裁量権とは、自分がその物事をコントロールできる権利のこと。

 

会社から与えられた仕事は、自分がその仕事をコントロールできる範囲に限りがあります。自分で掴み取ったものではないので…。

 

その仕事には、決まりがあり、制限があります。

 

さて、あなたなら、どうしますか?

少し時間をとって考えてみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それでは、正解を。

 

決まりも制限もある仕事のなかでも、自分の裁量権を広げていけば良いんです。

 

例えば、会議で作る資料づくりを上司から頼まれた場合。

 

その仕事のなかでも、自分で工夫ができないか考えてみます。

 

使う言葉の選択だったり、

フォントだったり、

文字の大きさだったり。

 

たとえ与えられた仕事であったとしても、

自分の工夫できるポイントを見つけて取り組んでいく。

 

そうすれば、100%のやらされ仕事が、5%は自分の裁量権が及ぶ仕事に変化していきます。

 

どんな仕事に取り組むうえでも、その創意工夫があれば、やらされ仕事100%ではなくなりますよね。

 

会社勤めを続けていくうえで、この「どんな仕事に取り組むうえでも、自分の裁量権を見つける」って意識はめちゃくちゃ重要だと思います。

 

ぜひ、取り入れてみてください。

 

それでは、また!

 


ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン
情熱ZINE
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー