ますだのブログ。〜情熱ZINE 編集長〜

インタビューマガジン 情熱ZINEの編集長 ますだのブログです。日々の気づきや学びを発信していきます!

ある親子が思い出さてくれた仕事の原点

こんにちは、ますだです。

 

最近は、秋のような気候で、少し肌寒かったりします。一年が過ぎるのは、ほんとうにあっという間だよなぁと、しみじみ感じますね。

 

ーーーーーーーーーー

 

日々の目の前の仕事や課題に取り組んでいるなかで、心に余裕がなくなるせいか、大切なことを忘れがちになっていませんか?

 

僕は、なってました…。

 

そんな大切なことのなかで、昨日、店頭で接客させていただいた親子が僕に「仕事の原点」を思い出させてくれました。

 

今回は、そのお話しをさせて頂こうと思っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

僕は、スピーカーやヘッドホンなどの音響機器を販売する仕事に従事しています。

 

昨日、店頭に中学生の男の子とお父さんの親子がお店に来店しました。

 

最初、イヤホンを見ていたので、さっそくお声がけ。

 

お話しを聞いていくなかで、「ヘッドホンのほうがイヤホンよりも欲しい」という話になり、さっそく発売中の3種のヘッドホンをそれぞれ視聴してもらいました。

 

製品の違いと特徴をお話しさせて頂き、操作方法を実演。

 

ただし、僕の勤務している音響機器メーカーのヘッドホンは、価格が5万円で、決して安い製品ではないので、「製品をご体験頂ければ、それでいい」っていう気持ちでした。

 

そうしたら、「買います」という返答を頂き、若干、僕は驚いてしまいました。

 

さらに、ヘッドホンを収納する別売りにカバーケースもセットで購入。

 

で、思い出したんです。

 

最近、心に余裕がなかったせいか、売ることばかりに意識が向いていました。

 

けれど、人が何かを買うってときは、その製品やサービスに価値を感じたときですよね?

 

ようは、価値を感じてもらえさえすれば、値段に関わらず、買ってもらえるわけです。

 

で、僕ら販売員がやるべきことって、その製品の価値をお客様に伝えること。

 

その過程のなかで、さらに販売員である自分に対して、お客様が信頼感を持って頂いて

「この人から買いたい」って思ってもらえれば

販売員としては、最高なわけです。

 

ヘッドホンを試しているときに、「すげぇ!」っていうお子さんのつぶやきが印象に残っています。

 

最後お見送りの際、親子が笑顔で退店する姿を見て、仕事の原点を思い出しました。

 

仕事っていうのは、【いかにお客様に価値を提供し、喜んでいただくか。その過程のなかで結果的に購入するかしないが決まる。「売りたい、売りたい」っていう思いだけでは売れない】

 

これって、実は仕事以外のことにも言えて、

「○○したい!」って思いだけだと、自分のことだけしか考えてないので、それを聞いた相手は「私のことは何も考えてないんだなぁ」と思ってしまって応援する気にならないですよね?

 

他者のことをどれだけ想像できるか?

 

そのためには、自分をできるだけ良い状態に保つことが大事になってきます。

 

ストレスを抱えた状態では、視野も狭まるし、他者のことを考えることができません。

 

そうなると、価値を与えることも難しいわけです。

 

僕は正直、最近は自分のことだけを考えていたので、昨日はお店に来店したあの親子に大切なことを教わりました。

 

そういう意味で、昨日は、僕にとって良い一日でした。

 

それでは、また!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰かの熱が、ほかの誰かをつき動かす」
情熱的な生き方働き方をしている人々をご紹介。
インタビューWEBマガジン
情熱ZINE
絶賛、更新中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー